アシスタントし~の「カラダ美人研究日記」 トレーニング見学編 No.4

 

アシスタントし~の

シリーズ「カラダ美人研究日記」

第4回目です!!

 

今日はトレーニング見学編!!

 

 

梅雨のじっとりした暑さを感じる7月のとある日。

生徒さんがトレーニングを受けている様子を見学させていただきました!!

 

 

その日は、前回から約1ヶ月トレーニングに期間が空いてしまったことで

カラダがガチガチになっているのも自覚されているとのことです!!

 

まずは、軽くストレッチからはじめます。

細かい筋肉の動きや触って違和感のある部分をみつけていくかおり先生。

 

この日は、ふくらはぎに熱を持っていることで、

最近の生活状況を聞いていきながら進めます。

カラダの動き、固さの左右差や可動域も確認していきます。

 

ご自身で気付かないことも、伝えていくと

カラダの使い方や気をつけることがわかります。

 

 

1ヶ月空いていたけれど、「カラダの動きはよいね」と判断されていて

お話を聞くと、ストレッチだけは自宅でできる限りやっていたそうです!

 

やはり毎日の小さな積み重ねがカラダのストレスを解消し

それほど、悪化させなくてすんでいるのですね!

 

 

トレーニング時、かおり先生が特に気を使ってみているところが

 

「この関節は動かさない」

「伸ばした時どこに負荷がかかっているのか?」

「どこが伸びているのか?」

「どこにアプローチしている動きなのか」

 

を細かく触りながら確認していきます。

 

その方の生活環境を理解することが

パーソナルレッスンの最も強みではないかなと思います。

 

もし、グループレッスンで状況を知らずに

全体で同じ動きをしていると無理をして痛めてしまう恐れを

見逃してしまうこともあるからです。

 

誰でもそうだと思いますが「せっかく来たのだから」と頑張ってしまうものです。

 

正しい動き方もわからないまま、こんなものかな…と思って

トレーニングされている生徒さんたちも多いのでは?

 

かおり先生は必ず、コンディションをみて細かい配慮をしながら

柔軟性を確認して、トレーニングに入ります!!

 

 

そしていざトレーニング!

 

こちら、見ている私が苦しくなってしまいました・・・(笑)

 

ハードなんですよ~!皆さん、凄い!!

もちろんエアコンも入った室内ですが、生徒さん汗だくです!!

 

トレーニングは主に下半身の筋肉強化でした。

ですが、筋肉ムキムキにするのではなく

しなやかなカラダにするための動き方になります。

 

そして、びっくりするのが

どう見ても見た目はハードなトレーニングに見えない…

 

もう、体幹・・・・。

体幹が必要なんだな・・・・。

 

としみじみわかる。

 

生徒さん、息が上がりますが

指導しながら同じようにカラダを動かすかおり先生

 

なんと鼻歌歌ってる~!!

余裕ってことですか~!!

 

かおり先生の骨格が美しく恵まれて生まれてきたのもあると思いますが

このカラダをキープし進化させるにはやはり自己努力されているのだなと

しみじみ尊敬してしまいました。

 

インナーマッスルカッコイイ!

生徒さんトレーニング姿カッコイイ!!

 

 

私、横でマネしていましたが、それだけで足ガクガクでした・・・沈(笑)

 

 

トレーニング後、生徒さんに聞いてみました

 

Q. かおり先生のトレーニングの魅力は?

A. 日常生活に活かせること、日常の動きで、どこにチカラの配分を置くのか
コントロールできるようになること。
以前はよくぎっくり腰によくなっていたが、今はそれもない。
小さい子供もいるなかで、日常生活がトレーニングになるような動きを教えてくれるので
普段からカラダをつくっておくことが出来る。痛めない動作にも気づける。

 

Q. 他のトレーニングとの違いは?

A. 以前、巷の有名なジムにいっていた経験もあるが、自己流にマシーンでカラダを動かして
自己満足で帰ってくるだけになっていた。やっている事の達成感で、納得はするのだが
効果があるかどうかが実感できなかった。運動しないより、する方がましといった感覚でやっていた。
かおり先生のトレーニングでは、細かいところに気づくことが出来る。

 

Q. これからの美ボディ計画は?

A. 筋力を付けたい!!体重も落としたい!!

 

本日のし~の感想

見学させていただいた生徒さんは、以前に何度かお会いしていました。
お会いする度にスリムになっておられます。
小さいお子さんがいらっしゃる中、お時間つくってのトレーニング!
ママに元気がないと家庭の笑顔が減ってしまいます。
帰り道は階段がキツいと言われていましたが、それも笑顔でお子さんと楽しく過ごす時間に
繫がっているのだろうと思います。私も生徒さんのように、元気でキレイなお母さん目指します!